ラム電子工業ではトランス、コイルの製造や基板制作から組立までを行っています

0778-22-4851

営業時間 : 8:30〜17:30

MENU
事業案内
トランス部門

制作の流れ

No 工程名 小要素 管理項目 説明・写真
1 部材受入   品名・規格・数量 発注した材料の品名、数量注文No.を確認し、納品伝票に確認者の日付と名前を記入
梱包状態
2 受入検査 導線 外観、線径 各材料の外観検査、梱包箱に傷や欠けが無いか確認
ボビン 傷、割れ
コア(I・E) 傷、欠け
テープ類 傷、汚れ、色
3 部品払出   品名・規格・数量 製品の材料明細をロット毎に作成、その資料を基に必要数を作業者に手配
4 巻線 巻付け 巻き数、巻き方法、線材 作業仕様書をもとに、確認しながら製品を製作
画像
配線(からげ) 結線位置
テープ巻き 寸法、回数、色
5 受入れ検査 確認1
確認2
仕様、外観
仕様、外観
巻線製品が指示通りに巻いてあるか、抜き取りと全数確認を2名で行う
画像
6 半田付け 半田槽SG-1S型
半田コテHAKKO942
半田槽内温度 温度管理は毎日し、半田も一つ一つ半田上がり(温度の変化)を確認
画像
コテ先温度
使用半田
半田付状態
7 巻数検査   巻き数 巻数、耐性を確認
画像
8 コア組   組付・嵌合状態 コアのズレを確認しながらテープで固定
9 特性検査   耐圧、L値、抵抗、
RATIO、LAYYER
耐圧、インダクタンス、抵抗、レアー、再度巻数と極性(Wチェック)
画像
10 ボンド塗布   塗布位置 コアとボビンの固定強化(製品による)
画像
11 コアシールド取付 シールド半田付
FX-951
取付位置 外周の銅板を半田により接合(製品による)
画像
コテ先温度
シールド上テープ 貼付け位置
12 含浸 浸液 浸透時間 振動による唸り防止、絶縁、ボビン(巻線)、コアの固定
画像
ワニス切り時間
加熱凝固 乾燥時間
恒温槽温度
13 最終工程 マークチューブ 取付け位置 ピンカットやマーキング(製品による)、全ての製品の捺印およびピン掃除
画像
捺印 品番、印字状態
ピンカット ピンNo.
ピン清掃 外観
白マーキング マーキング位置
14 最終チェック   全体外観 全体の外観検査(傷、汚れ、捺印不良、部品欠け、銅線カラゲ)
画像
15 L再検査   インダクタンス(L値) 全数、指定ヶ所のインダクタンスに変化がないか確認
画像
16 梱包 現品票貼付 梱包状態 運送中の製品の欠けや振動にも対応できるように緩衝材を使用
画像
17 出荷   数量 運送中の振動にも対応できるように箱詰め
基板部門

自動挿入機協力工場

ジャンパー線挿入機 アキシャル挿入機(AV)
ジャンパー線挿入機(JV) アキシャル挿入機(AV)
ラジアル挿入機(RH:5m/mピッチ) ラジアル挿入機(RHV7.5m/mピッチ)
ラジアル挿入機(RH:5m/mピッチ) ラジアル挿入機(RHU7.5m/mピッチ)
チップマウンタ(クリーム半田) チップマウンタ(ボンド)
チップマウンタ(クリーム半田・ボンド)  4ライン
半田槽(DIP)  
半田槽(DIP)  

手半田、スポット半田

手半田 スポット半田
手半田 スポット半田
組立部門
LED点灯検査、作動、電気検査 電ドラ組み立て
LED点灯、動作検査 電ドラ組み立て
コーティング コーティング
コーティング
プログラム書き込み  
プログラム書き込み